2週間使えるカラコンはどう?ビュームあたりはどう?

カラコンの使用期間について今日は2週間使用についてお話して参りたいと思います。
前にワンデーのことは書いたので今日はもう少し長い2週間使用についてです。
3日間のとかもなことはないですが、ほとんどないので、省略しておきまして、まあまあ種類がある2ウィークですね。ビュームとかもこれに入ります。
ワンデーや1ヶ月使用と比べると種類はかなり少なくはなりますが、根強い人気といったところでしょうか。
ビューム以外にもジョイポップリッチなどがありますが、かなりの種類を取り扱ってる通販サイトでも4種類もないのではないかな。探せばあるのかもしれませんが。
値段的にもワンデーよりはコスパがいいけど、1ヶ月使用よりは悪くなります。
どういう人におすすめかというと、2週間使用なのに、週に1度や2度くらいしか装着しないのでは勿体ないですね。
ですので、ほとんど毎日のように着ける人、学校や会社に着けて行ける人に向いてると思います。
頻度が低いならワンデーにしておいたほうが良いでしょう。

もしかすると、個人輸入のカラコンとかだともう少し種類が多いのかと調べてみましたが、やっぱりそれほど数はないですね。
向こうのになると1年使用とかが多いと思われます。金銭的なメリットがあるということもあって、また大きいのは多いでしょうから、大きくて安くあがるのがいいとおもってる人はそっちのを使う傾向にあるのかと考えられます。

私の中では、ワンデーだけは特別な存在です。というのも手入れがいらないのはワンデーだけですから。
少なくとも2日以上着けれるタイプは全て洗浄して保存液にという流れですからね。
ですので、2週間のにするか1ヶ月のにするかで迷ったときにどう考えればいいのでしょうか。
金額としては、やっぱり1ヶ月使用のほうが出費は少なくて済むでしょう。
ですので、その兼ね合いプラス、安全性をどう考えるかですね。
2週間で新しいのを着けるほうが当然衛生面ではいいと思います。
難しいですね。正直、どっちでも気に入ったデザインで着け心地が良いと思うのであれば、そんなに変わらないと思いますよ。

それより、普段から目のことをきちんと考えておけばいいのではないかな。
面倒臭がって眼科に行かないとか言語道断でしょう。

近くに眼科がない場合でも、そんな頻繁に通う必要があるわけではないので、せいぜい3ヶ月に一度程度と考えたら、苦痛でもないでしょう。
はなから行く気持ちがないのはかなりの問題だと思いますよ。
これだけカラコンによる眼病のことが言われているのに、自分は大丈夫だと思ってるのかもしれません。

2週間ならビュームが私はおすすめですが、1ヶ月とかになるともっとおすすめしたいのが増えてきます。
これからどんどんレポしていきたいと思いますが、それ以上に、基礎知識といいますか、目のことなんかも書いていきたいと思います。
自分が目がすごく悪いので、度数を選ぶ時に考えることや、困ったことなども触れていければと思っています。

そもそもなぜカラコンなんて着けるか

カラコンが危険なことは分かってます。これだけニュースでカラコンの危険性を取り上げられてるのを見ると、しないほうが目にいいのも分かってます。
それでもなぜカラコンを着けるのか。
欲なんでしょうね。
体に悪いと思ってても食べてしまう、痩せようと思ってても食べてしまう、そういう欲求、欲望と同じなのかもしれません。
だけどどれも同じくらい悪いってわけではないでしょう。
質の悪いのを付けてたりすると取り返しの付かないことになりそうだから。
ただ、私の知る限りでは、質が悪いってのはどれのことなのかが分かりません。

考えられるのは、質の問題ではなく、スペックとして目に負担がかかるかどうかは関係あると思っています。
例えば長期間装着できるタイプです。最長で1年間というものがありますが、それとワンデーを比べるなら、やはりワンデーのほうが目にはいいでしょう。
いいといっても、負担がかかることにかわりありませんが、あくまで比較するとという意味です。
長期使用タイプはお手入れが必須ですが、このお手入れがなかなか厄介です。
一つは最近のカラコンは装着感のことを考えてレンズが薄いものもあります。ペラペラなんていい方をしますが、爪でひっかくなんてもってのほかですし、レンズを洗浄する時に適度な力加減で擦る必要があります。
強く擦ると破れるし、力だが弱すぎると汚れが落ちないし、難しいよね。でもみんなそこまで考えてるんだろうか。
ワンデーは高いけど、こういう手間は一切必要ないですから助かりますよ。

ここまでの話としては、1年使用とかのほうがお手入れもきちんとしないといけないので大変かもしれません。

続きまして、レンズの大きさです。
怖いくらいに大きいレンズありますよね。もう黒目が明らかに不自然ってくらい大きくて、白目がほとんどないくらいになってたりするのをみると、いったいどうなんだろうって思ってしまいます。
本人がよければいいのではと思う反面、安全面ではやっぱり小さいのより怖いと思います。
そんなこと言うならカラコン着けなければと思うかもしれませんが、確かにそうかもしれません。あまり細かいことを意識しすぎるのもストレスになりますから。

いずれにしても、どのカラコンを着けるかによって安全面は違うでしょう。
でもそこまでして着けるのは、コンプレックスもあるでしょうし、単純にオシャレにみられたい、可愛く見られたい、そういう心の意識があるんでしょうね。
ダイエットしようと思っても食べたいものを考えると、どうしても食べてしまうのも、無意識にそれを想像してしまうからかもしれません。

もし、カラコンは危険だけど付けたいって思ってるなら、いかに安全にということを考えればいいですが、それすら考えてない場合は怖いですね。
大丈夫って安易に考えていると、とんでもないことになるかもしれません。脅してるわけではありませんが、失明しても誰も責任はとってもくれません。
すべて自己責任になるわけですから。
肌のお手入れを失敗して、乾燥したり、ガサガサしたり、シミができたり、ニキビができたり、そういうったことなら、何とかなるかもしれませんが。目はそうはいかないでしょう。
改善することすら難しいこともありえるのではないでしょうか。

たぶんですが、テレビや雑誌で見るモデルさんやタレントさんでもカラコンをつけてる人は多いです。
それを毎日のように見ていると自然と自分も着けたいという思いにかられるのではないでしょうか。無意識に同じようになりたいという気持ちが強くなってしまうとか。
もし、雑誌やテレビで誰もカラコンはつけてないって状況になったら、もし通販でカラコンが買えても買う人は随分と減るような気がします。